Sharedobjectの保存場所

Sharedobjectの保存場所



>>Sharedobjectの保存場所
タグ:Flash
posted by digital-squad at 2009年08月13日 19時34分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flash / ActionScript

Actionscript 2.0で配列を検索

Actionscript 2.0で配列に文字列が存在するかどうか検索する場合、3.0だと利用できるArray.indexOfが使えない。
>>Actionscript 2.0で配列を検索
posted by digital-squad at 2009年07月01日 15時05分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flash / ActionScript

Flasherのための Scaleform GFx セミナーまとめ

ゲームのUIをAdobe Flashで作成できるツール

Scaleform GFx

のセミナー
『Scaleform・Adobe 共同セミナー:Flashコンテンツをゲームプラットフォームへ展開する技術、ビジネス』
のFlasherのためのまとめ。
>>Flasherのための Scaleform GFx セミナーまとめ
タグ:Flash まとめ
posted by digital-squad at 2009年06月19日 00時35分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flash / ActionScript

ActionScriptでnumber_format

Flash ActionScriptでPHPのnumber_formatに該当するようなものを作ってみました。

123456789を→123,456,789のように、一般的な金額表示にフォーマットします。
function number_format(str, slcNum, sepStr) {
  if(isNaN(val)){
    var strVal:String = str.toString();
  }
  var strLngth:Number = strVal.length;
  var slcTms:Number = strLngth/slcNum;
  var isSrp:Number = strLngth%slcNum;
  var rsltAry:Array = new Array();
  var rsltStr:String = "";
  var times:Number = 0;
  for ($i=slcTms; $i>1; $i--) {
    var slcPnt:Number = strLngth-(times*slcNum);
    rsltAry[$i] = strVal.slice(slcPnt-slcNum, slcPnt);
    rsltStr = sepStr+rsltAry[$i]+rsltStr;
    times++;
  }
  if(isSrp>0){
    rsltStr = strVal.slice(0,isSrp)+rsltStr;
  }else{
    rsltStr = strVal.slice(0,slcNum)+rsltStr;
  }
  return rsltStr;
}

number_format(フォーマットする数値(文字列),分割単位 ,区切り文字);
のようにコールすれば変換された値が返されます。
例)var rslt=number_format(123456789, 3,",");
trace(var);
123,456,789となります。

一応、金額のフォーマット用なので、後ろの文字から分割単位ごとに区切っていますが、他にも例えば
var rslt=number_format(123456789, 4,"/");
【結果】1/2345/6789
とかもできます。
タグ:actionscript
posted by digital-squad at 2006年12月09日 09時38分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flash / ActionScript

ActionScriptのNaNは等価演算子(==)で評価できない

ActionScriptで、テキストフィールドの入力値を元に計算させる場合などに、文字列などが入力された場合などを想定して
if(val==NaN){
 エラー処理
}

というような処理を考えますが、NaN(Not a Number)という値は、等価演算子(==)で評価できないとの事です。
【参考】値がNaNかを調べる Macromedia Flash非公式テクニカルノート

【参考】NaN 定数 isNaN 関数 Abobe Flashドキュメンテーション
たとえば
val="abc";
if(val==NaN){
 trace("valは数値ではありません");
}else{
 trace("valは数値です");
}

変数”val”は”abc”という文字列なので「valは数値ではありません」という結果を期待しますが、結果は「valは数値です」となってしまいます。

なので、変数が数値かどうか(NaN)を評価したい場合は
isNaN関数を利用すればよいとの事。
isNaN関数を利用すると、さきほどの例は
val="abc";
if(isNaN(val)){
 trace("valは数値ではありません");
}else{
 trace("valは数値です");
}

とする事で、「valは数値ではありません」となり、正しく評価されます。

なお、JavaScriptの場合も同様にisNaNを利用し
<script language="JavaScript" type="text/javascript">
val="abc";
if(isNaN(val)){
 alert("valは数値ではありません");
}else{
 alert("valは数値です");
}
</script>

となります。

【参考】isNaN Function Mozilla Core JavaScript 1.5 Guide
posted by digital-squad at 2006年12月08日 02時23分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Flash / ActionScript