macOS SierraでSSH接続時のパスフレーズが記憶されない場合の対策

SSH接続の際に毎回聞かれる。
一度は解消したものの、OS関連のソフトウェアアップデートをしたところまた同じ現象が発生した。

macOS SierraでSSH接続時のパスフレーズが記憶されない場合の対策
タグ:Mac sierra MacOS
posted by digital-squad at 2017年01月04日 12時00分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac

'xterm-256color': unknown terminal type.

サーバでtopコマンドを実行したら
'xterm-256color': unknown terminal type.
というエラーが出た。

~/.bash_profileに追加
export TERM=xterm
sourceコマンドで反映
source ~/.bash_profilr
これで解決
posted by digital-squad at 2015年03月20日 11時37分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac

MacでAndroid実機にアプリを転送するための準備

ちなみに、iOSのように有料の開発者登録をしなくても実機にアプリはインストール可能。

■実機の準備
「設定」 → 「アプリケーション」
「提供元不明のアプリ」をチェック
「開発」 → 「USB」デバッグをチェック

>>続きを読む
タグ:android titanium
posted by digital-squad at 2012年05月16日 18時16分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac

Macで『使ったことのあるネットワークが見つかりません。』というエラーでWifi(無線LAN)に接続できなくなったときの解決策

LeopardからSnow Leopardに上書きアップデートして以降、『使ったことのあるネットワークが見つかりません。』というエラーが出るようになった(SSID非公開)。
最初はこのエラーが出ても接続は出来ていたが、Air Macのアップデートを入れたら接続できなくなり、設定しても記憶してくれなくなった。
SSIDを公開すれば問題ないが、非公開だと再起動かスリープからの復帰で接続できなくなる。
>>Macで『使ったことのあるネットワークが見つかりません。』というエラーでWifi(無線LAN)に接続できなくなったときの解決策
タグ:Mac
posted by digital-squad at 2011年07月07日 18時00分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac

Macでのアンインストール時に関連ファイルを削除してくれるAppcleaner

AppCleanerを使うと、Macでソフトをアンインストールする際にアプリケーションのディレクトリを削除するだけでは残ってしまう関連ファイルを削除してくれる。
同様のソフトにAppTrapというのがあったが、現在は元の開発者から別の開発者の開発になっている。
>>Macでのアンインストール時に関連ファイルを削除してくれるAppcleaner
タグ:Mac
posted by digital-squad at 2011年05月31日 16時15分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac

MacのランチャーにSpotlightを活用してキーボードでソフトを起動

MacランチャーとしてはQuick Silverが有名ですが、日本語が使えなかったりして不便。

Snow LeopardからはMac OSのSpotlightをランチャーとして活用でき、キーボードショートカットと起動したいソフトの数文字を入力するだけでソフトを起動したり、システム環境設定やフォルダを開くことが可能になります。
>>MacのランチャーにSpotlightを活用してキーボードでソフトを起動
タグ:Mac
posted by digital-squad at 2011年05月21日 11時32分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac