EclipseでWEBrickを終了する際のエラー対策

EclipseでWEBrickを終了する際に毎回下記のようなエラーが出ている場合の対策メモ

[2008-04-15 13:31:14] ERROR SystemExit:exit
/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/fcgi-0.8.7/lib/fcgi.rb:10:in `exit'
/System/Library/Frameworks/Ruby.framework/Versions/1.8/usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/fcgi-0.8.7/lib/fcgi.rb
の10行目を
trap('SIGTERM') { exit }
    ↓
trap('SIGTERM') { exit! 0 }
とすればOK

ただし、EclipseでWEBrickを終了しなかった場合に、まだWEBrickが起動しているとEclipseから終了できないので
ps x | grep ruby
kill WEBrickのプロセスID(ps x | grep rubyの直後の数値)
で終了する。

Windowsの場合は
netstat -ano
でPIDを調べてから、
※TCP 0.0.0:3000 0.0.0.0.0 LISTENING 4763
とかなっているはず。
taskkill /pid 1234
で終了
posted by digital-squad at 2008年04月15日 13時43分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby on Rails / Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック