IE6のバグ?文字コード指定しないとCSSを無視する事が。

 IE6のみ特定のクラス(ID)のCSSが適用されないので、色々と探っていたところコメントを日本語で書いていた箇所を英語にしたり、日本語でもコメントの内容を変更したら適用される、というような事があった。

 どうやら、UTF-8のHTMLにShift JISのCSSを読み込ませていて、CSS側では文字コード宣言を何もしていなのが問題だったようで、CSSの文字コードをUTF-8にして、文字コード指定をしたら解決。

しかし、現象を再現することができなかったために、結局のところUTF-8にShift JISのCSSを読み込ませたのが原因なのか、はたまた文字コード宣言をしていなかったからなのかなどははっきりと分からなかった。

うーん・・・腑に落ちない。

【教訓】文字コード指定はちゃんとしよう。

参考:文字コード宣言は行いましょう(CSS)

関連記事
タグ:IE6 CSS
posted by digital-squad at 2007年06月13日 13時30分 | Comment(2) | TrackBack(0) | CSS
この記事へのコメント
初めまして,茅野と言います.
CSSを書いてる最中に,これが原因でかなり悩みました.
私の場合はCSSファイル自体の文字コードを,そのCSSを必要とするhtmlとかphpファイルの文字コードとあわせる事で直ったんですが・・・
ほんと意表を突かれた感じです.
Posted by 茅野奈ん at 2008年02月07日 00:54
はじめまして。
私もIE6ですごい悩みました。
IE7,IE8は正常に表示されるのに
IE6だけ崩れてしまって..。
同様に文字コードを合わせるとIE6も正常に表示されました。

なぞです。。
Posted by ま at 2010年04月16日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44702175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック