RailsのActionMailerからAmazon SESのSMTPでメールを送信する

Amazon SESはサインアップ済みでProduction AccessまたはVerified Sendersがあるものとする。

■SMTP送信用の認証情報を作成
Amazon SESのコンソールにログイン

左メニューの「SMTP Settings」→ 「Create My SMTP Credentials」から表示されたダイアログにIAM User Nameを設定して表示されたSmtp Username,Smtp Passwordをメモする。

ActionMailer::Base.smtp_settings = {
:address => 'email-smtp.us-west-2.amazonaws.com',
:port => 587,
:domain => 'yourdomain.com',
:authentication => :login,
:user_name => 'Smtp Username',
:password => 'Smtp Password'
}

■各項目について
address
SMTP SettingsのServer Nameの値 エンドポイントは複数あるのでリージョン毎に異なる。
リージョンはSESコンソール画面右上の名前の横にあるプルダウンから選択可能。
Sandboxの場合、Verified Sendersはリージョン毎に認証しないといけないので、US Westリージョンで認証したVerified SendersからUS Eastのエンドポイントから送信しようとするとEmail address is not verifiedとなって送信できない。
加えて送信メソッドで認証したVerified Senderのメールアドレスを@fromに設定する。

port
SMTP SettingsのPortの値 25, 465, 587のいずれか

domain
送信者のドメイン

user_name
SMTP Credentials作成時のSmtp Username

password
SMTP Credentials作成時のSmtp Password
タグ:Rails Amazon SES
posted by digital-squad at 2014年02月20日 23時09分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby on Rails / Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389286395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック