Titanium mobileで作成したiOSアプリをXcodeで編集してビルド

Titanium mobileで作成したアプリがValidationで引っかかってしまい、やむを得ずXcodeから編集してビルドしたときの作業メモ。
■Titanium Studioからアーカイブを作成
Titanium Studioから「Distribute Apple iTunes Store」で配布用アーカイブを作成する。
Xcode Organizerにアーカイブが追加されるが、これはValidationに失敗するので削除する。

■Xcodeで編集
Xcode Organizerが起動していると思うので、Projectsを選択してTitanium Studioで作成されたXcodeプロジェクトダブルクリックで開く。
TARGETSからiPadなど対応しないデバイスがある場合は削除する。
TARGETSからプロジェクト名のターゲットを選択。
SummaryからDeployment Targetで4.3を選択。
現時点ではこれをしないとValidationで
iPhone/iPod Touch: application executable is missing a required architecture. At least one of the following architecture(s) must be present: armv6
というようなエラーが出る。

■アーカイブの作成
編集が終わったら、メニューの Product → Archiveで配布用アーカイブを作成。
正常に終了したら、Organizerが開いてアーカイブが追加されるので、Validationして成功したらOK。
posted by digital-squad at 2012年10月09日 12時00分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Titanium Mobile
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296171826
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック