Vagrantで仮想マシンを構築

Vagrantを使うと、VirtualBoxに簡単に仮想マシンを構築することができるようになり、ステージングサーバーを構築するのに便利、だと思う。

■VirtualBoxの準備
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
からダウンロードしてインストールしておく

■Vagrantのインストール
gem install vagrant
あるいはbundlerで
gem 'vagrant'
bundle install

※普通にやると、0.5.4と古いバージョンがインストールされてしまった。
vagrantのバージョンが古いとVirtualBoxを認識できず
=====================================================================
Vagrant experienced an error!

Vagrant could not detect VirtualBox! Make sure VirtualBox is properly installed.
If VirtualBox is installed, it may be an incorrect version. Vagrant currently
requires VirtualBox 3.2.x. Please install the proper version to continue.
というエラーが出る。
その場合はgem searchで最新版を調べてバージョンを指定する。
gem search -r vagrant
vagrant (1.0.3)
gem install vagrant -v 1.0.3
bundlerは
gem 'vagrant', '~> 1.0.3'

■ボックスで仮想マシンの作成
Vagrantbox.esから、作成したい環境を選択する。各ボックスのリンク先にその後の手順が書いてある。
ちなみにURLを指定でやったら、30分くらいかかった。
URLを指定して行う場合ローカルにボックスをダウンロードしてから行う場合
vagrant box add centos-6-x86_64 centos-6-x86_64.box

■プロジェクト用に初期化
プロジェクトのディレクトリに移動して初期化する。
vagrant init centos-6-x86_64
Vagrantfileが作成される、とりあえず何も編集しなくて大丈夫。

■Vagrant起動、接続
起動
vagrant up

[default] Importing base box 'centos-55'...
[default] The guest additions on this VM do not match the install version of
VirtualBox! This may cause things such as forwarded ports, shared
folders, and more to not work properly. If any of those things fail on
this machine, please update the guest additions and repackage the
box.

Guest Additions Version: 4.0.0
VirtualBox Version: 4.1.8
[default] Matching MAC address for NAT networking...
[default] Clearing any previously set forwarded ports...
[default] Forwarding ports...
[default] -- 22 => 2222 (adapter 1)
[default] Creating shared folders metadata...
[default] Clearing any previously set network interfaces...
[default] Booting VM...
[default] Waiting for VM to boot. This can take a few minutes.
[default] VM booted and ready for use!
[default] Mounting shared folders...
[default] -- v-root: /vagrant
これで起動完了。

接続は
vagrant ssh
cd /vagrant
vagrant以下にプロジェクトディレクトリが共有されている。これで仮想マシンが構築できたので、あとは必要なものをインストールしていく。

■各種コマンド
vagrantにログインしていないウインドウから行う。
vagrantの終了
vagrant halt

ssh接続 ポートは2222が割り当てられる
ssh -p 2222 vagrantr@localhost

rsync
rsync -r -e "ssh -p 2222" . vagrant@localhost:/var/chef

scp
scp -P 2222 -r vagrant@localhost:/var/chef .
posted by digital-squad at 2012年05月18日 13時41分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web関連ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270520805
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック