前の記事 TOP 次の記事

2012年04月18日

Railsのマスアサインメントを一時的に可能にする

attr_accessibleでない、あるいはattr_protectedを指定している属性はupdate_attributeで更新できるが、バリデーションを行わないので不便な場合がある。
そういう場合:without_protectionオプションを付けることでupdate_attributes、update_attributes!でも更新できる。
@user.update_attributes!({:first_name => params[:user][:first_name]}, :without_protection => true)
もちろん、やたらと使うとattr_〜が意味無くなるので、該当する属性をバリデーションを適用して更新したい場合に限って使用。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。


posted by digital-squad at 17:09 | Ruby on Rails / Ruby

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa