Rails 3.1.1へのアップデート

Rails 3.1から3.1.1へアップデートする場合のメモ。

参考:Read This Before Installing Rails 3.1
rvmの使用を原則とし、最新のrubyにgemsetを作成してインストールする形でアップデートした。

■rvmのアップデート
必須ではないが、可能であれば一応rvmをアップデートしておく。
rvm get latest
rvm reload
rvm -v

■rubyのアップデート
アップデートがうまくいかない場合を想定して、現在のrvmの環境をチェックしてrubyのパッチレベルも調べておく。
rvm info
=> ruby:
     interpreter: "ruby"
     version: "1.9.2p180"

.rvmrcでrubyのバージョン指定が
rvm useruby 1.9.2@〜
みたいになっている場合はパッチレベルも含めて
rvm use ruby 1.9.2-p180@〜
としておく。

rvmに最新の安定版をダウンロードでチェック(10月14日現在:1.9.2-p290)してインストール
rvm install ruby-1.9.2-p290
ruby -v
=>ruby 1.9.2p290

gemsetを作成
rvm gemset create rails311
rvm use ruby 1.9.2-p290@rails311

■RubyGemsのアップデート
gemのバージョンを
gem -v
でチェック
最新のgem(10月14日現在:1.8.11)をrubygems-updateで調べて、古いようならアップデート。
gem update --system

■Rakeのアップデート
Rakeの最新バージョン(10月14日現在:0.9.2)をrakeで調べて、古ければアップデート
gem update rake
$ rake --version

■Rails 3.1.1のインストール
gem install rails
rails v
=> Rails 3.1.1

■Gemfileの編集
gem 'rails', '3.1.1'
bundleでRailsをアップデート
bundle update rails
これで完了

warning: already initialized constant WFKV_というエラーはこちらを参照。
タグ:Rails Rails3.1
posted by digital-squad at 2011年10月14日 22時59分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby on Rails / Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック