gemインストール時の--no-ri --no-rdoc のデフォルト化とインストール済みのri RDocの削除

gemのインストール時に--no-ri --no-rdoc を付け忘れるとインストールに時間もかかるし、容量も食われるので、これをデフォルトにする。
■--no-ri no-rdoc のデフォルト化
RubyGemsでgemのインストール時に--no-ri --no-rdocをデフォルトにする - アインシュタインの電話番号☎を参考に
ユーザーホームの ~/.gemrcをに以下を追記
gem: --no-ri --no-rdoc
これで、--no-ri --no-rdoc がデフォルトで適用される

■ri RDocの削除
doc ディレクトリを削除する。
rm -r Gemのディレクトリ/doc

・rvmの場合
~/.rvm/gems/ruby-1.X.X-XX/doc

・Mac OS Xのデフォルト
/Library/Ruby/Gems/1.8/doc
タグ:Ruby gem ruby Rails
posted by digital-squad at 2011年06月22日 10時52分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby on Rails / Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211212547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック