rvmのアンインストール

rvmのアンインストールの仕方と再インストールする場合の注意点
rvmのアンインストール
rvm implode

再インストールは以下を参考に
rvmのインストール

LeopardからSnow Leopardにアップグレードしたのに伴い、一度アンインストールした。
上書きインストールだったので、rvmの環境はそのまま残っていたがrubyはLeopardでインストールしたものだといろいろ問題があるようなので再度rvmをアンインストールしてからインストール。

注意が必要なところ
■RubyGemsのバージョン
Rubyを以前のバージョンと同じ1.8.7をインストールしたが、RubyGemsが1.3.7から1.6.2になったため、Rails 2.3.8でエラーが出た。
uninitialized constant ActiveSupport::Dependencies::Mutex (NameError)

■Rackのバージョン
Rails 2.2.2を入れたら、rackのバージョンが1.0.0から1.2.1に上がって、エラーが出た。
posted by digital-squad at 2011年04月21日 20時05分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby on Rails / Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196972442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック