expire_pageでページキャッシュが消えない

routes.rbをいじったアクションの場合、通常のexpire_pageの指定だとページキャッシュが消えてくれない。

たとえば、settingというコントローラーをuserの配下(/users/:id/settings/show)に置くようにルーティングを書き換えた場合。
※:idはuserのid

通常は
expire_page :controller=>"settings",:action=>"show",:user_id=>:id
となるが、これでは消えてくれないので実際のURLに基づいて指定する。
expire_page '/users/'+params[:id].to_s+'/settings/show'



タグ:Rails
posted by digital-squad at 2009年08月17日 17時15分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby on Rails / Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。