ruby-openidインストール〜認証まで

rails_logo.pngruby-openidをインストール〜とりあえず認証にこぎつけるまでの流れ。
環境としてはRadRails + InstantRailsを使用。

まずはOpenIDライブラリruby-openidのインストール
InstantRailsからコンソールを開いて
gem install ruby-openid
インストールできたらサンプルライブラリをコピーして、EclipseでRailsプロジェクトを作成
サンプルの場所は
InstantRailsルート/ruby/lib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-openid-2.1.2/examples/rails_openid※バージョンによって若干異なる

database.ymlを使用環境に合わせて設定してDBをcreate
mysqyadmin -u root create rails_openid_developmentWEBrickを起動してhttp://localhost:3000/consumerで認証画面が表示される。
rails_opnid_login.png
openid.ne.jpでOpenIDを登録している場合は
Identifier:にユーザー名openid.ne.jpと入力してverifyで
OP先での認証に切り替わるので、認証して終了
openid.ne.jp.png

認証後の挙動は
redirect_to :action => 'index'
の箇所にて定義

参考:いますぐ使えるOpenID

いますぐ使えるOpenID:第2回 OpenIDライブラリに付属しているRPサーバを動かしてみる


posted by digital-squad at 2008年08月29日 15時29分 | Comment(0) | TrackBack(0) | Ruby on Rails / Ruby
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。