Vistaのチェックディスク(chkdsk)が止まるエラーの対処法

Crystal_Clear_app_harddrive.jpgVistaでディスクエラーが出たのでチェックディスクをかけたら、chkdskが途中で停止してしまって地獄を見たときのメモ

Eclipseが何度もフリーズしたため、ディスクエラーの警告が出た。
エラーが出ているドライブはCドライブのため、再起動時にチェックディスクをかけるようにスケジュールをしたのだが・・・
これが何回やっても途中で止まってしまう。

ハードはMacbookの160GBのため、どうやらLenovoのサポートにある
「160GB のハードディスクに Windows Vista を搭載しているマシンで CHKDSK を実行すると途中で止まってしまうことがある」
が該当するようだ。
※追記2009.6.19:最近でも39%などで進まなくなるが、そのまま待ち続けていると完了するようになった。アップデートで修正されたのか、以前も待ち続けていれば完了したのかは不明。
止まったと思ってもハードディスクを読み込んでいる音がしていりればおそらく進行しているので、容量にもよるが20〜30分くらい待ってみるとよい。

しかし、CHKDSKをスキップしようとキーを押しても反応しないためCHKDSKが開始してしまう。

ではセーフモードを起動・・・しようとするとこれまたCRCDISK.SYSで止まってしまい起動できない。

仕方がないのでMicrosoftの スタートアップ修復 : よく寄せられる質問を参考に、ブートディスクを用意して、DVDから起動してコンピューターの修復からスタートアップ修復を行う。

ディスクエラーが発見され、無事修復された。

しかしHDDから再起動すると、CHKDSKの自動起動が消えておらず、またCHKDSKが始まってしまう・・・

しかたがないので再度DVDからVistaを起動し、こんどはコマンドプロンプトからchkntfs /x c:でチェックディスクをスキップするようにしてみるが・・・またCHKDSKが開始されてしまう。

ならばと今度はchkntfs c:でコマンドプロンプトからチェックディスクを行うが、・・・またまたCHKDSKが開始されてしまう。

とりあえずスタートアップ修復でディスクエラーは修復されているので、CHKDSKはあきらめてシステムの復元で以前の復元ポイントに戻したところで無事正常に起動。

Vistaの160GBのチェックディスクの問題はMicrosoftのサポートには無かったようで、パッチなども提供されていないようなので、同じように160GBのハードディスクでVistaを使用している方は、注意して下さい。


タグ:Vista MacBook
posted by digital-squad at 2008年07月28日 19時56分 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
こんばんわ。
crcdisk.sysで困ってしまいネット検索でたどり着きました。
上記の

>とりあえずスタートアップ修復でディスクエラーは修復されているので、CHKDSKはあきらめてシステムの復元で以前の復元ポイントに戻したところで無事正常に起動。

ここは結局どうしたらいいんでしょうか?
まったく正常起動しないので、手順を教えてもられば幸いです♪
Posted by 斎藤真一 at 2009年11月24日 20:52
ディスクエラーが修復されたため、復元ポイントに戻してCHKDSKを回避した・・・と記憶しています。
正常起動しないのであれば、ディスクエラーが修復されていないのではないでしょうか?
Posted by DIGITAL SQUAD at 2009年11月26日 17:09
なるほど、了解しました。
何度か修復画面が出てきて、結局、crcdisk.sysで止まって再起動しています。
エラーが直っていないんですね。。。

ありがとうございました。
Posted by 斎藤真一 at 2009年11月28日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック